腰痛でお悩みの方へ

トレーニング後のケアは忘れずに!!

AXISには治療院が併設している為、トレーニング前後のケアができます🌟

鍼治療や手技・神経整体・特殊な治療が可能な為、
肩こりや腰痛、四十肩などの慢性的なものから耳鳴りやめまいといった難治症などの症状にも対応が可能です😊!

身体の気になる症状や不調があったらご相談ください♪

AXISはお身体の悩みを
“Total”にサポートします👍

お問い合わせは
LINE又はお電話にて受付中です😆

https://lin.ee/K1pSVfd

#神経整体#東洋スポーツパレス鍼灸整骨院#耳なり#めまい#鍼治療#捻挫#スポーツ障害#腰痛#肩こり#四十肩#慢性的な痛み#疲労感#福岡市#原#早良区#早良区鍼灸院#難治症#AXIS#筋トレ#パーソナルトレーニング#ダイエット#健康増進#フィットネス#トレーニング#ボディメイク#加圧トレーニング#早良区ジム#筋トレ初心者#ボディケア#ストレッチ

さまざまな症状、まずはご相談ください!

難治症といわれる耳鳴りやめまい、だけでなく肩こりや腰痛、肉離れや捻挫など
さまざまな症状に当院はご対応します♪

症状によっては1回の施術で大幅に改善されることもあります😊!!

リハビリ施設もあるので再発予防も可能です!

ちょっとしたお身体の悩みがあるなら
ひどくなる前に当院にご相談ください☆彡

ご予約やお問い合わせはLINE又はお電話にて受付中😊

https://lin.ee/K1pSVfd

 

#捻挫#肉離れ#腰痛#肩こり#慢性的な痛み#スポーツ障害#難治症#耳鳴り#めまい#頭痛#神経痛#筋トレ#パーソナルトレーニング#ダイエット#ボディメイク#加圧トレーニング#フィットネス#福岡市#AXIS#早良区##東洋スポーツパレス鍼灸整骨院#トレーニングジム#健康増進#筋トレ女子#学生アスリート#アクシス#トレーニング#筋トレ初心者歓迎#早良区ジム#早良区トレーニング#バランストレーニング#体幹トレーニング

リハビリもプラスして再発予防!!

当院にはジムが併設しているためリハビリも可能!!
治療で痛みをとるだけでなく、痛くなる要因をリハビリで改善し再発を予防します(^_^)/

痛みが改善された方もリハビリだけのご利用も可能です♪

痛みもなくなったのに、暫くするとまた痛みだす……

痛みが改善しなくてずっと続いてる……

などとお悩みの方!是非一度ご来院ください♪

まずはご気軽に症状等をご相談ください!
LINE又はお電話にて受付中です!!

https://lin.ee/K1pSVfd

 

 

遠方からもご来院可能です♪

 

当院のある施設には大型駐車場があります!
無料でご利用可能なので、遠方の方でもお気軽にお越しください(^_^)/

腰痛や肩こりから捻挫などスポーツでの怪我も対応できます!

週末の試合が…大会までに…などのご相談も多くいただきます!

まずはご談だけでもOK☆
お気軽にLINE又はお電話にてお問い合わせください!

https://lin.ee/K1pSVfd

 

#捻挫#肉離れ#腰痛#肩こり#慢性的な痛み#スポーツ障害#パーソナルトレーニング#ダイエット#ボディメイク#加圧トレーニング#フィットネス#福岡市#AXIS#早良区##東洋スポーツパレス鍼灸整骨院#トレーニングジム#健康増進#筋トレ女子#学生アスリート#アクシス#トレーニング#筋トレ初心者歓迎#早良区ジム#早良区トレーニング#バランストレーニング#体幹トレーニング

お昼休憩のお時間にご利用可能!

 

当院はお昼の時間帯も診療を行ってます!

時間が合わずになかなか治療に行けない方、ぜひお昼休憩などを利用してご来院ください♪

事前にお声がけいただければ治療時間も調節可能です(^_^)/
デスクワークなどお仕事でのお身体の悩み、お気軽にご相談下さい!

お電話又はLINEにてお気軽にお問い合わせください。

https://lin.ee/K1pSVfd

 

#神経整体#東洋スポーツパレス鍼灸整骨院#耳なり#めまい#腰痛#ぎっくり腰#腰痛#肉離れ#捻挫#四十肩#肩こり#疲労感#福岡市##早良区#早良区鍼灸院#難治症#AXIS#筋トレ#パーソナルトレーニング#ダイエット#健康増進#フィットネス#トレーニング#ボディメイク

動かせていない筋肉を呼び起こす最新EMS

 

皆さん自分の筋肉はしっかり使えていますか??

と、聞かれてもなかなかご自身では分からないですよね。

膝や腰の痛みの原因は様々ですが、もしかしたらあなたの痛みの原因は

筋肉を使えていないところがあるからかもしれません。

是非一度機能検査を受けてみてください!

 

では、使えてない筋肉があったとして

どのようにして使えるようにしていくのかですが、

普段から使っていないところを意識して生活しましょう!!運動しましょう!!

と言われても使っていないのですから使い方がまずまず分からない状態になっていますよね。

 

そこで活躍するのがEMS!!

EMSはElectrical Muscle Stimulationの略で日本語に置き換えると電気的筋肉刺激

と言われます。

本来人間は脳からの神経伝達の電気信号により筋肉を動かしますが、筋肉を使えていないと

その使い方が無意識のうちに忘れられ、神経伝達が行われなくなります。

EMSは日本語での名称を読んで字の如く、外部の電気により筋肉を動かしていきます。

電気を流しつつ寝たままで行える簡単な運動を行うことで筋肉の再教育が可能!!

 

普段動かせていない筋肉をしっかり使うことで関節への負担が減ったり、

スムーズに動作が行えるようになったり、

安定性が増したり、姿勢が良くなったりと変化が起こってきます!

 

身体をよくするには治療ももちろん大事ですが運動療法も非常に重要!!

是非眠っている筋肉を電気の力で呼び覚ましませんか?

 

ソース画像を表示

ぎっくり腰急増中!

こんにちは😃

ここ最近急激に寒くなり、急性腰痛(ギックリ腰)になる方が急増しております!
気温が下がり血流が悪くなることでちょっとした動作、何気ない動作でも痛めてしまい、立てなくなる!という方が多くみられます💦

腰を痛めた!や、ちょっと腰に違和感がある!と言った方は早めに当院にご来院下さい❗️

なぜなら、治療を開始する時期は早ければ早いほど、効果が高く、ダラダラ痛みが長引く…といったことも少ないです😃

これぐらいの痛みならちょっと様子みようかな…
という事で痛みをかばいながら生活していると、周りの筋肉の緊張が高くなったり、神経の誤作動や不都合で、いざ治療を始めても、治療に時間がかかったり、広範囲の施術を行わないと改善されない…
といったケースが多々あります💦

これは腰に限らず全ての部位の痛みにも当てはまりますので、痛みを感じたらすぐ!当院へお越しください😃

腰痛に必要な通院回数は??

さて、こんな質問がよくあります!

「どのくらい通えばよくなりますか???」

確かにとても気になる質問です!!

ここでまず重要なのが、

病態は何なのか?です!

①組織の損傷等を伴う、急性疾患

②機能不全(滑走不全、可動域不足、過緊張等)からくる慢性疾患

の二つに大きく分けると

前者であれば、生理学的に、軽度なものでも4週や8週といわれます。

なんで、お医者さんは、痛み止めとシップを出して、

「とりあえず1週間後にまた来てね」と言います。

前者の場合、

治療としては、炎症を早期に抑え、治癒を促進する

その後、2次的機能障害が起こらないような治療、リハビリアプローチが

必要になります。

よく癖になった!なんて方はこの部分をしっかり行ってない場合が多いです。

 

②の場合

問題となる、機能障害はどの部分か?

関節?筋肉?神経?fascia?動作は?

などなどがはっきりとさせることが最重要事項ですが、

ここを明確にし、的確なアプローチをするとかなりの

変化をもたらします(^^)/

現に、1回で痛みが消失する方も多くいます!

fasciaとは??

 

結論として、

「ゴッドハンドのような魔法はない!」

ということです!

治療というのは、

状態を的確に見極め、今必要なことを行い、よりよい

ゴールと、その道しるべを示していきます。

何でもかんでも1回で治る方法が特に①であるなら、

本当に神ですね!!非現実的なことです!

①と思っても②であったり、

②だけれども、短期的に①になったり

ということも多々あるので、

まずは!

腰痛になったら

東洋スポーツパレス鍼灸整骨院へご相談ください!!!!!!!

あなたの腰痛筋・筋膜性腰痛かも⁉

 

腰痛をおもちの方は多いと思います。

もしかしたら筋・筋膜性腰痛症かもしれません!

 

筋・筋膜性腰痛症とは

腰痛症と言われているもので特異的所見,特に器質的な病変がみられないのが特徴。

 

腰痛があり、腰椎椎間板ヘルニア・腰椎分離症などの明らかな所見がない場合、筋・筋膜性腰痛症と診断されます。

※下肢の神経症状・MRI・単純X線などによる所見

 

一般的に筋肉、特に脊柱起立筋などの背筋群の緊張があり同部位に圧痛がでます。

筋・筋膜以外に靭帯(棘上靭帯・棘間靭帯),ヘルニアや椎間板症にいたらない程度の椎間板の障害,椎間関節の障害などにより痛みがおこる事もあります。

 

原因は姿勢が悪い、腰への負担が多い、腰部の筋疲労、腹筋群の筋力低下など考えられます。

 

・診断

MRI、単純X線、神経症状などで腰椎椎間板ヘルニア・腰椎分離症を除外して腰部に圧痛があると筋・筋膜性腰痛症と診断されます。

圧痛部の局所麻酔薬の注射により一時的に症状が軽快すると発痛部位は筋・筋膜となるが、靭帯や椎間関節・椎間板に病態が隠れている可能性もある。

 

・治療

保存療法→ホットパック、超音波治療、電気治療、ストレッチ、コルセット・サポーターでの固定

※固定は長期間すると筋力低下がおこり外している時に痛みが出ることがある。

 

・腰部周りの筋肉の筋力低下や柔軟性不足だけでなく、下肢の筋力低下や柔軟性不足により腰部に負担がかかる事もあります。

なので腰部だけ注目せずに下肢なども気をつけましょう!

 

あなたの膝は捻じれていませんか?? 簡単セルフチェック!!

 

まっすぐ立った状態で片脚の膝を高く上げてみましょう。

この時、次の写真のように膝とつま先の方向はあっていますか??

次の写真のようにつま先が膝の向きに対して外側を向いていたら要注意!!

この症状は脛骨外旋症候群といわれ、腰痛や肩こり等様々な痛みの原因になります!

スポーツをしていればパフォーマンス低下やケガのリスクにも繋がります。

 

今腰痛がある方、肩こりがある方、意外にも原因は膝より下にあるかもしれません!

 

AXISにはこの脛骨外旋症候群を改善する専用器具があります!

それがこちら!!

リアラインレッグプレスです!!

放っておくと変形性膝関節の原因ともなりますので早めのリハビリ、改善をお勧めします!