タグ別アーカイブ: 筋トレ方法

ウエイトリフティング全日本社会人日本一、「ブルガリアンスクワット指導の様子」

おしりと太もも裏を効果的に鍛えるための、ブルガリアンスクワットのポイントは?

・上半身は脱力
・股関節の使い方を意識
・おしりと太もも裏の筋肉に集中
・背中を曲げない
・スピードはゆっくり

これは
「ウエイトリフティング」
の技術を一般向けトレーニングに応用した方法

➡AXISの公式Instagramでチェック!

トータルコンディションジム AXIS
公式LINE:https://lin.ee/1tvFWzV

TEL:092-852-4551
〒814-0022 福岡市早良区原5-20-40(東洋スポーツパレス内)

夏に向けて【ポッコリお腹】を撃退したい!!

冬に溜まったお腹の脂肪…
食事改善と腹筋運動で即引っ込めましょう!

【食事改善のポイント】
・とにかくゆっくりよく噛む
・一度の食事で食べ過ぎない
・お菓子やパン類、麺類だけなど偏った食べ方は避ける

【腹筋運動のポイント】
・背中や腰を反らさない
・腹筋に意識を集中する
・動作はゆっくり!

【その他のポイント】
歩くことや階段の昇り降り、ストレッチを行なうなど、普段から足腰を動かしたり、筋肉を使う機会を増やす

トータルコンディションジム AXIS
→公式LINE:https://lin.ee/1tvFWzV

TEL:092-852-4551
〒814-0022 福岡市早良区原5-20-40(東洋スポーツパレス内)

女性の脚痩せ「最強」対策もやっぱり 【ブルガリアンスクワット!!】

あなたもブルガリアンスクワットで、
★憧れの美脚
★クビレの土台作り
★痩せやすい体質
を実現しましょう!

■ブルガリアンスクワットのやり方
ベンチや椅子などに片足を乗せて行います。

①片足を乗せたベンチや椅子から、肩幅2つ分くらい離れたところにもう片方の足を置く
②背筋をリラックスして伸ばし、両手は胸の前で組む
③ゆっくりと前方の脚を直角くらいの角度に曲げていく
④曲げた際に膝がつま先より前に出ないように気を付ける
⑤元の姿勢に戻す

以上を10回ほど繰り返し、左右の足を交互に3セット行いましょう。
慣れてきたら1セットあたり15~20回くらいまで回数を増やします。

ただし、スピードはゆっくり行うことをこころがけてくださいね。

「ブルガリアンスクワット」の効果的なやり方を知りたい方は、今すぐこちらまで連絡を!

トータルコンディションジム AXIS
→公式LINE:https://lin.ee/1tvFWzV

TEL:092-852-4551
〒814-0022 福岡市早良区原5-20-40(東洋スポーツパレス内)

筋肉は裏切らない! 「筋トレのメリット4選」

①基礎代謝が上がる
②脂肪の分解を促進できる
③冷えや肩こりの改善が期待できる
④ストレス解消につながる

4つの筋トレのメリットは、「パーソナルトレーニング」で手にするするのがオススメ。

パーソナルトレーニング、おススメのジムは…

トータルコンディションジムAXIS
LINE:https://lin.ee/1tvFWzV
電話:092-852-4551
〒814-0022 福岡市早良区原5-20-40

パーソナルトレーニングの申し込みは、lineまたは電話番号まで!

誰もが見惚れる背中をつくる! 【ラットプルダウン】

★期待できる効果★
・女性ならくびれの土台づくりに
・男性なら逆三角形のシルエットに
・姿勢の改善
・肩こりの予防
などなど

★フォームとやり方のコツ★
・マシンに座って姿勢を整える
・やや広めにバーを握る
・胸が曲がらないようにして肩甲骨を寄せるような意識を持つ
・バーを後頭部のやや下のあたりまで降ろす
・バーをゆっくり元の位置に戻す
・姿勢を崩さず反動を使わずに動作を繰り返す
・無理のない重さで10回3セット行う

プロのパーソナルトレーナーからやり方を習いたい方はコチラ!

トータルコンディションジムAXIS
LINE:https://lin.ee/1tvFWzV
電話:092-852-4551

胸のシルエットを綺麗に整える!その2! 【ダンベルフライ】

胸の形をカッコよくしたい!
年齢に負けない上半身のシルエットを作りたい!
という方におすすめなのが「ダンベルフライ」です!(^^)!

■やり方
・ダンベルを軽く握り、ひじを少し曲げる
・ダンベルは胸の中央の線上にかまえる
・ひじは少し曲げたままの状態で胸の真上に向かってダンベルを上げていく
・動作スピードはゆっくりが基本

■負荷・回数・セット数の目安
・適切なフォームでゆっくり動作が行える重さで、まずは10回3セットが目安

プロのパーソナルトレーナーからやり方を習いたい方はコチラ!

トータルコンディションジムAXIS
LINE:https://lin.ee/1tvFWzV
電話:092-852-4551

DMでのお問い合わせもお待ちしております!

〃誰でも簡単〃お尻&お腹引き締め!! ~30代の女性:産後太りの方必見~

■お尻&お腹を鍛えるメリット!!
お尻を鍛えることで、
・ヒップアップ効果
・腰痛の予防
・内臓機能の向上
産後でたるんだ方でも、鍛えれば産後前に戻る効果が期待できます!

■お尻とお腹のトレーニングとは
お腹とお尻の2カ所を同時に引き締められるエクササイズ!
例)バーベルスクワット、スミスマシンスクワット、ダンベルスクワットなど
→ハムストリングス、ヒップの尻筋、腹筋の大きな3つ使うため、産後太りの方にもおすすめです!

プロのパーソナルトレーナーからやり方を習いたい方はコチラ!

トータルコンディションジムAXIS
LINE:https://lin.ee/1tvFWzV
電話:092-852-4551

スポーツ障害を防ぐ! 【基本から学ぶ予防方法】

 

■スポーツ障害とは
打撲やねんざ・骨折などのケガから、疲労による関節の変形疲労骨折など多岐にわたります。

■ウォームアップとクールダウン
ウォームアップは血行を良くしたりケガを予防し、運動開始時のパフォーマンスを上げます。
クールダウンは疲労回復や障害予防になります。

■正しいトレーニングとフォームの重要性
適切なフォームトレーニングを行うことで、安心安全に筋肉や代謝の向上などが期待できます。
逆に、不正確なフォームではイメージと異なることもあります。

■指導者ご紹介
当院では、整形外科出身のアスレティックトレーナーの資格を持つ院長だからできる「動作分析」から「動作指導」をすることで、スポーツマンのパフォーマンス限界値の底上げをサポート!
また、姿勢や動作分析・指導のみならず、基礎能力の底上げまで徹底サポート致します。
あなたが思う「自分の限界値」を突破する感覚を一緒に味わいましょう!

TOTAL CONDITION GYM AXIS
トータルコンディションジム アクシス
LINE:https://lin.ee/1tvFWzV
〒814-0022
福岡市早良区原5-20-40
TEL:092-852-4551

お子様連れも大歓迎です♪
からだのメンテナンスはこちら↓

東洋スポーツパレス鍼灸整骨院
LINE:https://lin.ee/1tvFWzV
※住所や電話番号は、トータルコンディションジム アクシスと同じです!

初級編レベル3 体幹トレーニング3選

「体幹を鍛え、力強さを手に入れよ!!」
~初級編レベル3 体幹トレーニング3選~

体幹トレーニングをする必要性
→肩こり・腰痛予防、姿勢保持など、スポーツ場面や日常生活で大いに役立ちます。

プランクを行う際の注意点
→お腹に力を入れる真っ直ぐな姿勢で行う
※姿勢が間違っていると予防どころか腰を痛めてしまうので気をつけましょう。

1.ワンハンドプランク
効果がある部位
・腹筋、肩甲骨付近の筋肉
・背筋など

方法
腕を肩幅分広げて、つま先を立てて上半身を起こし下半身を持ち上げる左右どちらかの手を上げて、両足と片手でバランスをとってキープします。
左右交互に行ないます。

回数、頻度、時間
左右 各20秒×3セット

2. ハイサイドプランク
効果がある部位
・外腹斜筋
・中殿筋

方法
床に横向きになり、顔は正面に向ける。
下側の手は、肘を伸ばして地面を押し、体を持ち上げてキープします。
この動きを左右交互に繰り返す。

回数、頻度、時間
左右各20秒×3セット

3. ハイリバースプランク
効果がある部位
・腹筋
・大腿四頭筋
・ハムストリングスなど

方法
1. 仰向けに横になる
2. 手ひらを地面に真っ直ぐつける
3. 上半身を上げていく
4. 頭から足先まで一直線をキープして上を向きます

回数、頻度、時間
30秒×3セット

★パーソナルトレーニングの重要性★
オーダーメイドのトレーニングメニューを組み立ててもらえることや、プロによる食事指導を受けられる!
→この2つが大きなメリットです。

★筋トレを行う環境の重要性★
自宅よりも集中でき、正しいフォームで鍛えられ、トレーナーもいることにより、挫折してしまいがちな人も自分のゴールまで完走できるでしょう。

やり方を習いたい方,最適なトレーニング環境で鍛えたい方はコチラからご連絡ください!

トータルコンディションジムAXIS
LINE:https://lin.ee/1tvFWzV
電話:092-852-4551

【ダンベルデッドリフト】

■手順
①両手に持ち、肩幅くらいの幅で手は下げた状態に。
➁股関節を起点にゆっくりと上体を倒していきます。
③ダンベルはすねの真ん中辺りまでダンベルを下ろしていきます。
④戻す際はゆっくり膝を伸ばしながら、上体を上げます。

■注意
デッドリフトは全身の多くの筋肉を鍛えることができるトレーニングである一方で、間違ったフォームや無理な高重量で行うとケガが起こりやすいトレーニングになります。

■NG
×膝がつま先より前に出ないように。
×猫背にならないように。

■回数・セット数の目安
10~15回3セットを目安に行いましょう。

やり方を習いたい方はコチラ!

トータルコンディションジムAXIS
LINE:https://lin.ee/1tvFWzV
電話:092-852-4551